ホーム>革の選び方

革の選び方

革の選び方

キップ(革選び)


オーダーシューズの価格ですが、リバーフィールドではデザインに関係なく、革の種類で変わる様にしています。
革の種類別の特徴はホームページで紹介している通りですが、実際お店へご来店頂いたお客様にはカーフ(仔牛)かキップ(親牛)を優先にお勧めしています。
理由はやはり丈夫ですので、靴の材料としては最適と思うからです。
特に若い男性や体格の良い男性にはキップをお勧めしています。

キップは1歳半以上の成牛の革ですが、皺がより難くカチッと仕上がるのが特徴です。
親牛と言ってもキップはステア(老年の牛)と違って革の伸縮も有りますし靴独自の材料です。ちなみにステアは手で引っ張っても伸びませんし、主に鞄の材料等に使われています。

カーフ(革選び)


反対にカーフは直ぐに足に馴染みますので、足の痛い所の有る人、年配の方にお勧めしています。革の厚みはキップの約半分で約0.5ミリ(キップは約1ミリ)です。
カーフは革が薄いので皺が出やすいですが、シューキープを心掛け入念にお手入れをすれば皺でさえも味のある何とも言えない良い雰囲気になってきます。
キメの細かい言わば赤ちゃんの肌ですので化粧(クリーム)の乗りが抜群で、革の色自体もクリームで変化させる事も可能です。
別注になりますが、つま先のみを黒光り(ハイシャインポリッシュ)もカーフなら可能です。

カンガルー(革選び)


カンガルーは高級素材ですが、癖の有る皺と光沢が特徴です。軽さと丈夫さはカーフ以上かも知れません。
イチロー選手等の1流の野球選手の野球シューズはカンガルー製と聞いています。少しでも軽く丈夫さを求めたらカンガルー革になるのかと思います
キット(革選び)


キットは一番コストパフォーマンスに優れた素材です。
裂け易いのがデメリットでは有りますが、その特徴ゆえ夏場のメッシュ素材等に良く加工されています。
光沢も十分でビジネス・フォーマルに適しています。

 

ネットオーダー承ります